風俗営業許可の要件

風俗営業を営むためには、都道府県公安委員会の許可を取得し必要な届け出をすることとなっています。

その他都道府県は条例により、営業を営もうとする者の資格・営業場所・時間・営業行為・営業所の構造設備について有害な行為を防止するために必要な制限を定めることができます。

風営俗営業の許可を申請するためには要件を満たす必要があります。

【人的要件】

以下の欠格事由に該当する場合は許可を取得できません。

  • 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得てない者
  • 1年以上の懲役・禁固刑に処せられ、又は一定の罪を犯して1年未満の懲役・罰金刑に処せられ、刑期を終えてから5年を経過してない者
  • 集団的・常習的に暴力的不法行為を行う恐れのある者
  • アルコール・麻薬・大麻・あへん・覚せい剤の中毒者
  • 風俗営業の許可を取り消されて5年を経過していない者
  • 営業に関して成年と同一の能力を有しない未成年者
  • 法人の役員のうち上記に該当する者

【地域規制】

営業所が制限地域内である場合、許可の取得ができません。

  • 学校・病院等の特殊施設の敷地から100m以内の区域
  • 住居地域・公園・緑地地域その他善良の風俗保持上著しく支障があると認められる場所

※許可制限地域とそうでない地域をまたがっているときも許可できません。

【構造設備の要件】

  • 客室の床面積は66㎡以上である(2号営業は16.5㎡以上)
  • 営業所外部から客室が見通せないこと
  • 風俗環境を害する写真・広告物・装飾を設けないこと
  • 営業所の照度は規定の照度以上であること
  • 騒音・振動が条例で定める数値以下であること

地域規制に関しては各都道府県によって範囲が異なる場合があります。

風俗営業の許可は法令による地域規制や店舗の面積などが細かく設定されており、要件を満たさなければ許可を取得することはできません。

事前に調査など行い慎重に申請を行う必要がります。

提案01

風俗営業許可申請専門行政書士とのご面談までの流れ

行政書士との面談までの流れ
風俗営業許可申請サポートセンターからのご提案02

お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士をご紹介。

適正な税務申告があなたと事業を守る。 風俗営業許可申請サポートセンターでは、お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士の無料ご紹介も可能です!

ご提案02詳細はこちらから


このページの先頭へ

特集記事:Topics!!

風俗営業許可の基礎知識

風俗営業の税金について

逮捕事例・罰金・罰則等について

風俗営業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スナック・クラブ・キャバクラ・ホストクラブの開業なら全国の風俗営業許可申請に精通した行政書士が対応致します。

  • 運営者紹介
  • お問い合わせ