違法風俗営業の逮捕事例はどんなものがある?

風俗営業はその商売の性質上、違反が出やすい業種でもあります。

健全な経営を行うにはそうした事例をしっかり把握しておき、未然に防いでいく事が大切なポイントになります。

こうした違法な営業は最終的には摘発されてしまう事になり、長続きしません。

そのため、透明性の良い健全な経営を行っていく事をお勧めします。

無許可営業で逮捕?

まず挙げられるのは無許可での営業で、風俗店は無許可で営業を行っているお店が数多くあり、その多くが無許可営業での風適法違反で逮捕されています。

事例としてはダントツのトップとなっているため、必ず届け出を行ってから営業を行うようにしましょう。

届け出ができないという場合は、営業を行うべきではないと言えます。

どのように改善すれば営業ができるようになるかを考える事もまた今後の健全な経営に繋がるので、必ず届け出は行うようにしましょう。

名義貸しで逮捕?

また、個人で風俗営業の届け出を行い、その後に営業主体を法人名義に切り替えるものの、風俗営業の免許をその法人名義で取得していないという場合があります。

これは名義貸しという違法行為になってしまい逮捕事例もありますので、こちらも注意が必要です。

名義を切り替える際には注意して、免許の他にも行っておくべき事を事前に確認しておきましょう。

最近は無許可営業の風俗店の取り締まりが非常に強化されており、違反店舗は徐々に少なくなってきています。

罰則も非常に高く、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が科せられます。

未成年雇用で逮捕?

また、未成年の女性を接待スタッフとして採用する事も違法になります。

通常の飲食店アルバイトとして雇うという形を狙っているものですが、こちらも違法行為となってしまいます。

また、海外の女性を接待スタッフとして採用しているお店もありますが、身元がきちんとしている方を採用していないとこれも違法行為となってしまいます。

外国人の中には届け出を行っていない方もいるため、採用の際には確認をしておきましょう。

逮捕事例まとめ

このように、風俗営業に関する違反の事例は多くありますが、これらの多くは、行っている側も違法と知りながら営業をしているケースがほとんどです。

いつか摘発されるのではという不安にかられながら経営をしていく必要が出てくるため、健全な経営とはほど遠くなってしまいます。

開業する前から事前に確認し、必要があれば警察に相談をしながら進めていく方が、結果的に気持ち良く長続きするお店の経営ができます。

提案01

風俗営業許可申請専門行政書士とのご面談までの流れ

行政書士との面談までの流れ
風俗営業許可申請サポートセンターからのご提案02

お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士をご紹介。

適正な税務申告があなたと事業を守る。 風俗営業許可申請サポートセンターでは、お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士の無料ご紹介も可能です!

ご提案02詳細はこちらから


このページの先頭へ

特集記事:Topics!!

風俗営業許可の基礎知識

風俗営業の税金について

逮捕事例・罰金・罰則等について

風俗営業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スナック・クラブ・キャバクラ・ホストクラブの開業なら全国の風俗営業許可申請に精通した行政書士が対応致します。

  • 運営者紹介
  • お問い合わせ