風俗営業許可申請の必要書類

  • 許可申請書
  • 営業方法を記載した書類
  • 店舗の使用承諾書(自己所有の場合土地建物の全部事項証明書)
  • 欠格要件に該当してないことの誓約書(個人:申請者、法人:役員)
  • 誠実に業務を行う旨の誓約書
  • 住民票の写し(法人の場合役員全員)
  • 身分証明書(法人の場合役員全員)
  • 登記されてないことの証明書(法人の場合役員全員)
  • 管理者の顔写真2枚
  • 管理者の住民票の写し
  • 管理者の身分証明書
  • 管理者の登記されてないことの証明書
  • 保健所からの飲食店営業許可証の写し
  • メニューの写し
  • 営業所の図面
    テーブル・椅子の配置図、店舗求積図、客室求積図、証明・防音・音響設備図、建物概要図
  • 営業所周辺の地図
  • 定款の写し(法人のみ)
  • 履歴事項全部証明書
  • 申請手数料 27,000円(証紙)

以上の書類が揃いましたら管轄の警察署へ申請に行きます。

申請時に記入ミスがあった場合は訂正ができますので法人実印(法人代表者印)を持参すると良いでしょう。

手数料27,000円の証紙は警察署で購入できます。

申請から1ヶ月程度で警察署からの現地調査があるので申請者も必ず立ち合います。

この時に、証明・音響・床面積等の測定などが行われます。面積の変更がある場合があるので訂正用のための代表者印を持参します。

建物の構造や、階数によっては消防署の検査があるので非常灯や出入口、非常階段の周辺は物が無いよう整理しておく必要があります。

現地調査が終了すると、数週間で許可証が発行されますが、不許可の場合は不許可通知書が送付されます。

許可の取得までには1か月半程かかりますのでこの時期を考えて開業準備を進めなければなりません。

許可証が発行されない間に営業することは無許可での営業となります。

提案01

風俗営業許可申請専門行政書士とのご面談までの流れ

行政書士との面談までの流れ
風俗営業許可申請サポートセンターからのご提案02

お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士をご紹介。

適正な税務申告があなたと事業を守る。 風俗営業許可申請サポートセンターでは、お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士の無料ご紹介も可能です!

ご提案02詳細はこちらから


このページの先頭へ

特集記事:Topics!!

風俗営業許可の基礎知識

風俗営業の税金について

逮捕事例・罰金・罰則等について

風俗営業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スナック・クラブ・キャバクラ・ホストクラブの開業なら全国の風俗営業許可申請に精通した行政書士が対応致します。

  • 運営者紹介
  • お問い合わせ