ホステス・デリヘル嬢の追徴課税について。必ず納税を。

風俗店の営業では接待が付きものですが、その際に仕事をするのはホステスやデリヘル嬢など女性のスタッフとなります。

こうしたスタッフに給料が支払われる際には、税務申告を自分で行う必要がある場合がほとんどです。

普通の一般企業のように、給料から税金分が差し引かれているというケースは少なく、確定申告で自分の収入での税務申告を行って税金を支払います。

ホステスやデリヘル嬢がこの税務申告の必要性を知らないと、気付かないうちに申告漏れ、つまり脱税を行ってしまっていたという事になりかねません。

特に、収入の良い女性スタッフは月に100万円近い金額やそれ以上の金額を得ている方もいます。

こうした方が本来支払うべき税金はかなり大きく、もし申告漏れがある場合は追徴課税という形で、後で大きく膨らんだ形での支払いを求められてしまいます。

そうするとせっかく得た収入が水の泡となってしまう恐れもあるため、必ず税金の支払いはしなければいけません。

また、追徴課税での支払いができない場合、銀行口座や持っているブランドの服やバッグ、マンションなど、換金できるものは差し押さえられてしまいます。

日本で働いている限り、納税の義務は国民全員が負うものとなっています。

風俗店によっては、このような税務申告の必要性をあまり説明せずに勤務させているというケースもあります。

特に、店自体が所得隠しなどの脱税を行っていた場合、それに合わせてホステスやデリヘル嬢の税務申告漏れもばれてしまい、一斉摘発という可能性もありますし、実際にその事例もあります。

そのため、自分の身を守るという意味でも、働いている方は必ず毎年確定申告をして、税務申告を行っておく事が大切です。

面倒だと感じるかもしれませんが、これを行っておくだけで、いつかばれてしまうのではという不安から解放されて、後ろめたさがなく働く事ができます。

その方が結果的に仕事も長続きするでしょう。

短期的に何とか損をしたくないという考えで税金をごまかそうとしていても、長期的な視点で見ると逆に損をしてしまう事になります。

こうした税金の悩みや相談をしたい時は、税理士に相談をする事をお勧めします。

顧問料という費用は掛かってしまいますが、それでも、追徴課税など後々大きなトラブルになる事を防げる事を考えると、検討してみるのも悪くはありません。

なるべくこうした悩みは早期に解決して、気持ち良く働けるようにしましょう。

提案01

風俗営業許可申請専門行政書士とのご面談までの流れ

行政書士との面談までの流れ
風俗営業許可申請サポートセンターからのご提案02

お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士をご紹介。

適正な税務申告があなたと事業を守る。 風俗営業許可申請サポートセンターでは、お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士の無料ご紹介も可能です!

ご提案02詳細はこちらから


このページの先頭へ

特集記事:Topics!!

風俗営業許可の基礎知識

風俗営業の税金について

逮捕事例・罰金・罰則等について

風俗営業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スナック・クラブ・キャバクラ・ホストクラブの開業なら全国の風俗営業許可申請に精通した行政書士が対応致します。

  • 運営者紹介
  • お問い合わせ