風営法の取締り強化でクラブ文化が危機?

近年顕著になっている風営法の取締り強化ですが、もっとも影響を受けているのはクラブ、一昔前ではディスコ、ダンスホールと呼ばれていた設備です。

クラブの業態としては、お客さんは主にお酒を飲みながら音楽を聴いて踊るだけであり、スナックやキャバクラなどのような接客は受けません。そのため、元々風営法の適用外だろうと捉えていたクラブが次々に摘発されました。

クラブが風営法によって規制されることになったのは、ほんの数年前です。風営法によって規制されてしまったことに気がつけなかったクラブが次々と摘発されました。

ダンスする場、音楽を楽しむ場であり、他の業態のようにホステスが付くわけではないクラブが風営法の取締り強化によって規制されたのには理由があります。

夜通し開催されるクラブイベント、音楽に身を任せて自然とアルコールの摂取量も増えてしまいます。

酔っている多くの方が開放的な雰囲気で集まっていることにより、通常の居酒屋などよりもトラブルが発生してしまうリスクが高い、そのため、経営者は夜通しの営業に対しての適切な理解を持つ必要があるという意味が込められています。

決してダンス文化、音楽文化に対しての締め付けではないという点を、経営者は理解することが求められています。

風営法自体は時代を経て着実に厳しさを増しています。

それは一般消費者を守るための仕組みということでもあります。多くのお客さんが安心してオールナイトのイベントを安全に楽しめるような知識を有することが必要だという判断がなされたということです。

法律は時代の変化によって変わってきます。時代の変化はその時代に生きる人の変化でもあります。申請が大変、改定にいちいち追いつくのは一苦労、そのようなことではなく、新しい規則を知ることで、時代が何を求めているのかを感じ取るのが経営者の役割です。

ダンスが制限されてしまった環境下では、文化を抑圧していることと同じだという批判も相次ぎました。

賛否両論巻き起こった出来事でしたが、これをキッカケにお客さんの安全を徹底するクラブも増えました。

未成年の飲酒や喫煙を防ぐ取り組みも常識と化し、安全に音楽と踊りを楽しめる店舗が増えました。文化を育てるためにはどちらが良いのか、少し考えてみても良いはずです。

風営法の強化に反発することは簡単ですが、強化された背景、それをしっかりと読み解くことは文化を守る経営者にとってとても重要なことでもあるのです。経営者の方は取り巻く状況、そして実態を改めて学ぶ必要があります。

提案01

風俗営業許可申請専門行政書士とのご面談までの流れ

行政書士との面談までの流れ
風俗営業許可申請サポートセンターからのご提案02

お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士をご紹介。

適正な税務申告があなたと事業を守る。 風俗営業許可申請サポートセンターでは、お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士の無料ご紹介も可能です!

ご提案02詳細はこちらから


このページの先頭へ

特集記事:Topics!!

風俗営業許可の基礎知識

風俗営業の税金について

逮捕事例・罰金・罰則等について

風俗営業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スナック・クラブ・キャバクラ・ホストクラブの開業なら全国の風俗営業許可申請に精通した行政書士が対応致します。

  • 運営者紹介
  • お問い合わせ