ホステス・デリヘル嬢の追徴課税について。必ず納税を。

風俗店を営業していて、税金の申告を適切に行っていなかったり、不明確な部分があると税務調査が入る事があります。

これは、支払うべき税金を正確に算出し、支払うように通告するために行われるものです。風俗店の中には税務申告を行っていないお店が多く、こうした店にはいつか必ず税務調査が入ります。

小さな規模の風俗店でも数百万に登る税金を支払う事になってしまい、経営の大きなダメージとなります。

時には経営を続けていけなくなるケースもあるため、まず大前提として健全な経営を心掛けて長続きするように努めていきましょう。

税務調査ですが、いきなり調査官が分かりやすい形でお店にやって来るのではなく、入念な下調べを行ってから入るケースが多くなっています。

内観調査と呼ばれるもので、お店の外側や内側をお客様を装った調査官が潜入し、調査をされるというもので、この手法は調査官である事がばれないように非常に綿密に準備されて行われており、分かりにくいのが実際の所です。

営業時間中ずっと監視される事が多く、お客様の出入りが調査され、おおよその売り上げなどが計算されます。

また、お店に潜入して調査を進め、スタッフの女性からお客様としてさりげなくお店の状況を聞いていきます。

ここでも調査官である事が分からないように会話が行なわれる事がほとんどです。

こうして調査がされた後、申告漏れの税額を支払うように通達が来ます。

これは非常に大きな痛手となってしまうので、必ず申告は適切に行うようにしましょう。

適切な申告を行うためにも税理士の活用を!

適切に申告を行っていく際にお勧めなのは、税理士を雇うという事です。

税務調査の調査官はプロなので、入られたらまず、隠していても見つかります。

そのため、風俗店を営業する側もプロの税理士を雇って、健全な税務対策を行なう必要があります。

基本は隠すのではなく、毎年申告ができるような状態を作り、透明性を高めるという事です。

調査に入らなくても不正がない事が分かれば、後で調査に入られても困る事はありません。

風俗店の税務申告漏れの件数は数ある業種の中でも常に上位となっており、1位の年も多々あります。

こうした厳しい税務調査によって少しずつ減ってはいるものの、まだ業界を全体的に変えるまでには至っていないのが現状です。

これから始める方は、この申告漏れの多い状況を当たり前と思わず、健全な経営を心掛けていく事をお勧めします。

結果的にはそれが商売を長続きさせる秘訣でもあるのです。

当サイトでは、急な税務調査に対応ができる税理士の紹介(無料)も可能です。まずはご相談ください。

提案01

風俗営業許可申請専門行政書士とのご面談までの流れ

行政書士との面談までの流れ
風俗営業許可申請サポートセンターからのご提案02

お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士をご紹介。

適正な税務申告があなたと事業を守る。 風俗営業許可申請サポートセンターでは、お客様にピッタリの風俗営業に精通した税理士の無料ご紹介も可能です!

ご提案02詳細はこちらから


このページの先頭へ

特集記事:Topics!!

風俗営業許可の基礎知識

風俗営業の税金について

逮捕事例・罰金・罰則等について

風俗営業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮崎 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
中部・東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

スナック・クラブ・キャバクラ・ホストクラブの開業なら全国の風俗営業許可申請に精通した行政書士が対応致します。

  • 運営者紹介
  • お問い合わせ